宇田川 香織

私が現在唯一参加している、ジュエリーグループ展「Buon Appetito!」。

その参加メンバーである、ジュエリー作家内藤圭美さんのお話により、栃木・益子も大変な被害を受けていた事を知りました。


 私は東京の勤め先にいましたが、3・11の事は思い出すだけでも怖いです。
テレビでは、津波の事が多く取り上げられていましたが、関東にも被害が沢山ありました。

私の住んでいるところは直接の被害はありませんでしたが、これから、日本はどうなってしまうのだろうか?と、私自身も全く先が考えられなくなっていました。
ジュエリー製作にも、手をつけられない精神状態でした。



そして、メンバーの話し合いにより、5月に予定していた「Buon Appetito!」の開催も決定し、<繋がるカケラ>のプロジェクトに参加する事も決まりました。

被害にあった益子の窯元の写真を拝見したり、実物のカケラを見て、被害を目の当たりしました。
「こんなに素敵なものが。。。丹精込めて作られたものが、陶器としてもう使用できないなんて。。。悔しい。。。」

 

日本の土でできた、とても素晴らしい自然の財産。



3・11、益子の被害を忘れてはいけない。

私にできる事は、ジュエリーとして残す事だ。
「Buon Appetito!」を通して、この被害をみんなに知ってもらうことだと思いました。


千葉県生まれ

赤坂宝石彫金学院卒業
東京・御徒町の宝石、貴金属製造卸会社に入社

イタリア・フィレンツェのジュエリー学校PERSEOに、3か月の留学
洋彫り、フィレンツェスタイル透かし彫り、彫金を学ぶ

ヒコ・ミズノジュエリーカレッジ キャリアデザイン1年コース卒業

2010~作家活動

リビルド益子

【カケラについて】

私たちが活動で使用しているカケラは全て、御提供頂いた作家・窯元のものを用いております。

 

また、カケラのみの提供は行っておりません。

 

 

お問合わせはこちらから