土井朋子

 

震災後、程なくして、益子の沢山の焼き物の瓦礫が山のようになっているのを知りました。
さっきまで、益子の宝物だったはずなのに、、、
これがそのまま捨てられてしまうのだけは止めたい、ただただ、そう感じました。

私が素材として扱うガラスも割れます。
しかし、ガラスは再び熱を加え熔かすことで、再生が出来ます。
私は、お世話になっている工房でよく
失敗して捨てられようとされている色の入ったガラスのカケラを拾ったり、
時に、捨てるに忍びないから、何かに使って!と
他の作家さんから失敗したカケラを頂いたりもします。
これもまた、宝物のようなカケラなのです。

焼き物のカケラは熔かす事は出来ないけれど、
ガラスのカケラと組み合わせたら、きっと楽しいに違いない!
そう信じてカケラをいじり出すと、新しい発見もあり、
ついつい夢中になっていました。

益子のカケラにガラスを合わせて、生まれたカタチ。
1つとして同じモノはありません。お気に入りを見つけてください。

 

 

 

 


1975年   東京生まれ。5歳よりつくばで育つ。
1996年    武蔵野美術大学短期大学部 工芸デザイン専攻陶磁コース 卒業
1999年    東京ガラス工芸研究所 基礎科 卒業
         atelier 朋<kilnwork glass studio> 設立(つくば市)
         グラスアーティストグループ“Sandbox”を立ち上げ活動開始
2003年    武蔵野美術大学特別講師 サンドキャスト デモンストレーション
2004年   「現代ガラスの美展 IN 薩摩」 入選
2005年   「ミッフィーへのおくりもの」展 (『みづゑ』誌 主催)iiDギャラリー / 世田谷・池尻
2007年   『au style magazine 1月号』表紙アーティスト
2008年    ガラス技法書「キルンワーク」奥野美果編著(ほるぷ出版)制作協力
2009年    ガラスペイントフュージングセミナー講師(NVサンアート /市ヶ谷)
2010年   「めばえ7月号」(小学館)『にんぎょひめ』 造形制作
2011年    倉敷意匠計画室分室「いきものをめぐる22人の作り手の物語」カタログ参加 
「片浦中学校であそぼう」旧片浦中学校/ 小田原
「サマーアートキャンプ2011」ワークショップ講師(美術出版センター主催)
        「いきものをめぐる22人の作り手の物語」恵文社一乗寺店/京都・SFT GALLERY/六本木
        「KASAMA∞MASHIKO」展 伊勢丹/新宿

《 個展 》  2002年~  *グラスホッパーギャラリー / 目黒・学芸大学
2007年~  *もえぎ本店/益子
2008年~  *バーデンバーデン / 目黒・学芸大学
2010年~  *SPACE NICO / 笠間  
2012年  *倉敷意匠アチブランチ / 倉敷   ほか
《Sandboxの活動 カタマリガラス展(E)・ワークショップ(W)・デモンストレーション(D)》
2002年   オランダ  *Glass Art Society 第32回年次総会(D)(E)/Amsterdam
       ポルトガル*「国際ガラス展」Marinha Grande、「Art Caldas」Caldas da Rainha(E)
2002/'03年       *Barracha Lda Fablica / Nazare (W)
2003年              *国立Jose Malhoa美術館 / Caldas da Rainha (E)
           オランダ  *Galerie Werfkade 16 / Martenshoek (E)
2006年    日本   * 史跡・湯島聖堂/御茶ノ水(E)
2007年  ポルトガル* crisform / Marinha Grande(W)
2008年    ベルギー  *Glazen huis/ ベルギー Lommel (E) (W) (D)     等

《作品所蔵》  Jan van der Togt 美術館 ( オランダ・Amstelveen
Design Museum Gent ・ Dr. Dirk Schrivers's コレクション(ベルギー・Gent)

リビルド益子

【カケラについて】

私たちが活動で使用しているカケラは全て、御提供頂いた作家・窯元のものを用いております。

 

また、カケラのみの提供は行っておりません。

 

 

お問合わせはこちらから