「旅するカケラ」プロジェクト~北欧編

 

こんにちは!メンバーの鈴木稔です。

 

スウェーデンのヨーテボリ市で

6月18日から7月17日まで

スウェーデン、デンマーク、日本の

陶芸家による三人展を行っています。

 

 

現地を訪れる機会を利用して

益子の震災被害と復興への動きを

紹介するスライドショーを行いたいと

先方にお願いしました。

 

 

 

この願いを、陶芸家の

Nisse HolstromさんとGregory Millerさんが

叶えてくれました。

 

展示会初日の後、

「ルスカ工芸博物館」の上映室を

会場に用意してくれました。

映画館のような立派な設備にビックリ。

 

リビルド益子の活動もスライドショーで

詳しく取り上げました。

被害の写真が続いた後に

皆さんの表情がとても柔らかくなりました。

 

 

スライド上映後、集まった皆さんにカケラにメッセージをお願いしました。

 そして写真撮影にも応じてもらえました。とてもいい表情です。

 

  お隣りのデンマークにフェリーで渡り

再びスライドショーを行いました。

 

当初は美術館で行う予定でしたが

日程が平日の昼間しか空きがなく

Gregoryさん邸を会場に

夜に行うことにしました。

 

夜といっても10時過ぎまで明るく、

野外でピッツァ・パーティーを

楽しんだ後に室内でスライド鑑賞。

 

  お酒も入り、和やかな雰囲気で、質問や意見が飛び交いました。

 そして、写真撮影。

 

皆さんリラクスして表情豊かです。

 

15日間の旅で出会ったみなさん、メッセージと笑顔をありがとうございます。

リビルド益子

【カケラについて】

私たちが活動で使用しているカケラは全て、御提供頂いた作家・窯元のものを用いております。

 

また、カケラのみの提供は行っておりません。

 

 

お問合わせはこちらから