陶説 713号 被災窯業地からの報告

ご縁があって、日本陶磁協会より刊行されている陶説713号に、リビルド益子の活動と共に益子の状況伝える記事を、インタビューを元に寄稿させていただきました。

 

また、多くの方々に見ていただきたいという編集部の方の御厚意により、ここに記事内容を掲載させていただきます。

 

*次号には大堀相馬焼の状況も掲載されるということなので、こちらも届き次第、ここに掲載させていただくことになりました。

 

是非、御覧下さい。

 

リビルド益子

【カケラについて】

私たちが活動で使用しているカケラは全て、御提供頂いた作家・窯元のものを用いております。

 

また、カケラのみの提供は行っておりません。

 

 

お問合わせはこちらから