金継ぎ教室

「旅するカケラ」初回開催の推進力となってくださり、その後も笠間や益子に何度も足を運んで即興茶会を催したり、自ら窯を入手したり!?、精力的にご活躍のアバンギャルド茶会・近藤俊太郎さん。

私たちとの交流のなかで、こんな素敵な企画でリビルド益子とのコラボレーションをご提案いただき、今回実現することとなりました。

以下は近藤さんからのコメントです。


・・・・・・・・・

「漆は世界最強の接着剤」

そう教えてくれたのは漆工芸家 菱田賢治さん。(超「本気」金継ぎ教室の先生です!)

割れたら捨てるが日常化している「使い捨ての世の中」。

でも、大事に大事に使っていた器が割れたら。。。どうにかして復活させたいと思いますよね!
だったら化学物質たっぷりの接着剤ではなく、体にやさしい「漆」を使って金継ぎしましょう!

と盛り上がっていたころに、あの大震災。。。



自分の大事な器を失った人も多かったとはず。

わが子同然の器を失った陶芸家の方も少なかったはず。。。

そんな、作品をひとつでも復活させられないか?
そんな思いをリビルド益子の皆さんにご相談したところ喜んで作品を提供してくださいました。
 
※割れた作品なんて出していいのか?大丈夫なのか?と思った作家さんもいたはずです。。。
でも、そんな想いを超えて協力してくださった作家さんに感謝です。


一度は割れてしまった器を使い手によって復活させる!
これほど、ステキなコラボレーションはない!と勝手に想いこみながら4か月間かけて「金継ぎ」していきます!

焦ってはいけません。「漆」は気長に、そして作品たちとも気長に付き合いながら愛情を注いで復活させます!

 

・・・・・・・・

 

近藤さんのアツいお気持ちが伝わります、ありがとうございます!

さてさて、菱田先生のご指導のもと、金継ぎ教室に集う皆様の手でどんなふうにうつわたちが復活するのでしょう?
とっても楽しみです。

 

第1回レポート

第2回レポート

第3回レポート

最終回

番外編

リビルド益子

【カケラについて】

私たちが活動で使用しているカケラは全て、御提供頂いた作家・窯元のものを用いております。

 

また、カケラのみの提供は行っておりません。

 

 

お問合わせはこちらから