東北再生の未来図を描く

 

多摩大学・エドワードジョーンズさんと、元フルブライト日米教育委員会・ジョーンズ享子さん御夫妻を中心に開催された

「東北再生の未来図を描くー子供のために 社会貢献ネットワークと持続性開発のための長期パートナーシップづくりに向けた会議とワークショップ」

 

御夫妻の御提案により、この会議会場においてのシンボルとして日本地図を制作。

その際に益子のカケラを用いて頂きました。

 

サード・レスポンダーズ HP

 

 

*本来カケラのみの提供は行っておりませんが、本件は震災直後、私達が活動内容を模索している最中で御提案頂き、サードレスポンダーズの活動を同意した上でカケラを「貸し出し」させて頂きました。


 

 

リビルド益子

【カケラについて】

私たちが活動で使用しているカケラは全て、御提供頂いた作家・窯元のものを用いております。

 

また、カケラのみの提供は行っておりません。

 

 

お問合わせはこちらから